----------

乗馬が好きになったきっかけ

この記事は、3人のために書きました

①乗馬を趣味でやっている人
②馬術競技に出てる人
③プロの競馬に出てる騎手の人

3人に共通するのは騎乗が上手くなること

【乗馬が上手くなるコツは馬に聞け】

私が騎乗を初体験したのは高校2年生のあの夏のニュージーランドのホームスティ

キスの仕方もまだ知らなかった私がホストファミリーの次男に

DO you want to kiss?

と冗談で言われてハニカンでたあの記憶が・・・

ごめんさいごめんなさい

あの後、次男はマザーにからかわないのと注意されてました(笑)

そうなんと私の騎乗の初体験は

ニュージーランドのあの大草原でした。

しかも、ご近所さんの馬を飼ってる家に遊びにいった時に

ケイトが

馬に乗ってと

英語でなんやらかんやら

英語をあんまりよく話せないけど

馬に乗りたい私は

こんな感じでえいととりあえず馬に乗りました

IMG_2308.jpg

初めて乗ったのに

馬は全然嫌がることなく進行方向に進み

止まる時も、他に乗っていた人がやっている

馬の止め方をマネをして

止まってねと馬に優しく話しかけたら

ちゃんと止まってくれて

とってもお利口さんのお馬さんでした

その後も、馬と対話しながら馬に乗るのが楽しくて仕方がなくて

日本に帰る時

あの馬とお別れするなんてとても寂しいかったです。

なので、プロアマ問わず

乗馬が上手くなるコツは

騎乗する人間の方が
馬にとって心地イイカラダである責任があるのです

馬を上手く動かそうとするのではなく

馬にとって、一番乗って欲しい人間は

カラダがしなやかで強く健康的でゆるんでること
そして、乗せていて楽しい人間なのです

もちろん、姿勢とか乗り方とか理屈理論も大事ですが

要は今の現代人は自分のカラダは

大草原でのびのびと健康的に暮らす動物に比べ

退化してる

そんなカラダになったのも

130%自分の責任!

ハピトレなら退化してしまってる人間のカラダを進化できる

進化したカラダで乗馬の練習するから

馬が喜んで勝手に上手に走ってくれる

馬が喜ぶカラダつくりをしたい方は

ぜひ、ハピトレをやってみてくださいね。

当店について
アクセス

地下鉄都島駅2番出口より徒歩3分・大阪市立総合医療センターの裏側にございます
ハッピータイム 地図 縮小版.jpgのサムネイル画像


電話番号

06-7653-1224


住所

〒534-0021
大阪府大阪市都島区都島本通2丁目7-17
メゾン都島101号室

----------

料金

オリンピック選手&プロの声

目のトラブル

リンク

快眠アドバイス